カテゴリー別アーカイブ: SFO

#27 カリフォルニアへ。

 

 

こんにちは!! THE PLACE店長の山本遊です。随分久しぶりです。

カリフォルニアへ行ってきました。

 

( San Francisco Ferry Terminal )

 

今回の一番の目的はサンフランシスコからワインの銘醸地ナパ・ヴァレーへ行き、僕が一番好きなワインの生産者であるMatthiasson Family VineyardのSteve Matthiasson(スティーブ・マサイアソン)氏に逢いに行くこと。

そして収穫直前のこの時期にブドウ畑を見ることが出来ることにも感謝し、僕は準備を進めた。

 

(Bengier Vineyard, Napa CA)

 

アメリカにはちょくちょく行っていて、ワインの主要な産地でいうと次はカリフォルニアに行きたいなと考えていたところだった。ニューヨークへ行って以来、仕事と勉強に追われしばらくアメリカは諦めていた。でも何事にもタイミングとチャンスがある。『このタイミングしか無い。今カリフォルニアに行くことが今後の自分を大きく左右するはずだ。』僕はインポーターさんに相談をし、スティーブ・マサイアソンに会うチャンスを作ってもらった。(本当にありがとうございます。)

 

サンフランシスコに行く少し前にスティーブがメールをくれた。当日のプランだ。

 

AM 9:00にワイナリーに集合。管理しているいくつかの畑を2人で見に行き、収穫直前のブドウを試食、そしてワイナリーに戻ってワインをティスティングしよう。そしてランチを一緒に食べようとのメールが来た。

数々の畑のヴィンヤード・コンサルタント、そして収穫直前のこんなに忙しいスティーブ・マサイアソンをこんなに長時間独占していいのか?? でも僕の心は踊った。前日にサンフランシスコに着き、そのままバスでナパ・ヴァレーへ向かう。マサイアソンとの待ち合わせの場所に比較的近い宿を取り、その日は簡単に食事を済ませ早めにベッドに入る。その日は興奮気味で浅い眠りだった。それぐらい嬉しかった。『やっと逢える。』

 

次の朝、初めてスティーブ・マサイアソンに会えた時の胸の鼓動の速さは今でもはっきりと覚えている。

 

 

ーSteve Matthiasson (スティーブ・マサイアソン )について

 

 

Matthiasson Family Vineyardのオーナー醸造家でナパ・ヴァレー屈指のヴィンヤード・コンサルタント。畑(現場)出身の現場主義であり、畑の作業は可能な限り全て自分で行う。スティーブはワインの味わいを決定する重要な要素である収穫時期を通常より3~4週間早めることを好み、カリフォルニアワイン業界全体を驚かせている。2014年には、アメリカの有力紙サンフランシスコ・クロニクルの『Winemaker of the Year』に選ばれ、今後の活躍が期待されている若手醸造家。完璧に職人だ。

 

そして何より優しく終始笑顔で、質問にも丁寧に答えてくれて、本当に素敵な人でした。

 

 

Matthiasson Napa Valley Red Wine 2012 )

 

カリフォルニアワインといえば赤は骨太高アルコールでフルボディ。白はオークの香りたっぷりで黄金色。そんなイメージがある。こういったスタイルのワインも素晴らしいですよね。

 

しかしマサイアソンのワインは食事に合わせることを前提にしたフレッシュで比較的低めのアルコールのワイン、そしてそれぞれの畑に適した耕作法と栽培法を実践、そのことによりブドウ品種の特徴を最大限に尊重する。結果、アロマ豊かなバランスの取れたワインを造ることが出来る。マサイアソンはシャルドネやカベルネ・ソーヴィニヨンも勿論だが、ナパでは見かけないイタリア系白ブドウ品種『リボッラ・ジャッラ』、黒ブドウでは『レフォスコ』なども植えられている。本人曰く『この土地との相性は抜群だ。』

 

僕も何日かをナパで過ごしたが、朝は霧がかって、そして肌寒い。でも昼になると気温はぐんぐん上がり霧も晴れ気持ちのいい陽の光がナパに降り注ぐ。夜になるとまた気温が急激に下がる。いい具合に酸があるブドウが育つ訳だ。

 

ここは偉大な銘醸地だ。僕はこの土地を一瞬で(本当に一瞬だ…)好きになった。

 

ワインを飲めば、フレッシュで旨味がぎっしり詰まったワインに気持ちの良い酸があり食欲を掻き立てられる。

 

 

( Refosco grape & Refosco Matthiasson Vineyard 2014 )

 

 

『 地産地消(Farm to Table) 』の食文化と成りつつあるアメリカ (これはニューヨークでもポートランドでも実際にそうだった。)素晴らしい文化だ。シンプルで美味しい食材、調理法に合わせるべく新しいスタイルのカリフォルニアワインが生まれてきている。こういった考え方のワインは『ニューカリフォルニアワイン』と呼ばれ数々の生産者がこのカテゴリーに入る。

カテゴリーでいうとマサイアソンのワインは『ニューカリフォルニアワイン』になる。その話をスティーブにすると一本のワインを持ってきてくれた。

 

 

 

1981年のBeringer の Cabernet Sauvignonだった。スティーブはボトルのエチケットの下の部分を指差している。

なんとアルコール度数は12.9%abv。このスタンスのワインの中では低い…14%abvとかだと想った。

 

テイスティングし、びっくりしている僕の顔を見てスティーブはニコニコしながら、

『以前はアルコール度数は低かったんだ。だから今のスタイルが新しい訳ではない。僕らが戻ってブドウのポテンシャルを最大限に引き出して今ワインを造っているだけだよ。』

 

ただだた感動した。なんてシンプルな答えなんだ… 全ての疑問が見事に解決した。

 

この言葉の謙虚というか、歴史という概念を知り、超え、多様性のあるワイン造りに対する考え方こそが、『New(新しく) = Cutting Egde (最先端な)California Wine』なのではないだろうか。

 

そしてスティーブ・マサイアソンと僕はいよいよ畑へ向かう。

 

yy

 

 

 

DJ Motive この夏の終わりにぴったりな感じ。