カテゴリー別アーカイブ: NYC

#25 ニューヨーク ACE HOTEL New York #5 Lobby Bar

 

DSC04275

(SoHo)

 

こんにちは。THE PLACE店長の山本遊です。このブログを通して久々に逢えた人達や何か不思議な出会いが増えている事がわかった。

もう少しニューヨークをシェア。僕が体験した様々な出来事。

 

DSC04063

(Grand Central Terminal 89 E 42nd Street)

 

 

様々な雑誌にエースホテルが登場したのはもう何年か前の事だ。僕が雑誌で初めて見たエースホテル。2015年に行ったポートランドPortlandのエースホテル。そして今回ニューヨークのエースホテル…毎回進化し続けている。(1Fのロビーバーにあんな本格的なバーカウンターは最初無かったはずだ…)

 

今回は全ての機能が備わった新しいホテル・バーのカタチである、ACE HOTELのロビーバーLobby Barについて。これを無くしてエースホテルは語れない。

 

そしてこのニュアンスは飲食店に取り入れたら凄くカッコ良くなると想うのです。

 

 

DSC03355

(ACE HOTEL NEW YORK LOBBY BAR 20 W 29th Street)

 

 

ホテルに入ってすぐの『ロビーバー Lobby Bar』は朝から夜中まで至る所に沢山の人が集まっていて、日中はコーヒーやサンドウィッチ、夜はアルコールやエースホテル内のレストラン『THE BRESLIN』の料理を楽しめる。勿論Wi-Fiは自由に使える。

 

ここで何杯のお酒を飲んだのだろう…

ホテルに帰ってきて軽く飲むのも最高。待ち合わせにも最適だし、カクテルもセンスが良くて抜群に旨い。

ロビーバーにはどのテーブルにもフードとドリンクのメニューがあってウロウロしている店員(ホテルのフロント係)に頼めばその場で持ってきてくれる。

 

DSC03554DSC03546

 

20:00位を過ぎるとバーカウンターは人で溢れ返って社交場に変わっていく…

 

この時間帯のACE HOTELのLOBBY BARは見物だ。本当にカッコ良い。DJの流す曲がまた最高です。週末はバンドが演奏してます。毎日毎夜凄い盛り上がりで、大きなダイニングテーブルでパソコンをカタカタしている人もお酒を飲んでいたりする。

 

僕のささやかな夢(妄想に近い、そして叶いそうにも無い)はこのロビーで『Manhattan Today』というオリジナルカクテルを外国人の爆発的に綺麗な女性と素敵な会話をしながら飲むこと。(彼女はウォッカマティーニが望ましい。)出来れば23:00位が何となくいい時間帯だ。会話の内容は…そうだな、最近読んだ本についてがいい。

 

そんな妄想が生まれる素晴らしいロビーです。朝昼夜とこんなに感じが変わる空間は僕は知らない。

 

DSC04292

(Empire State Building 5th Ave)

 

ホテルの前にタクシーが止まったと想えば宿泊客なのか飲みに来たのか色んな人が入ってきては出て行き入ってきては出て行き…延々続く。

 

一回AM3:00にホテルに帰って来た日があったんだけど(全くなんという日だったんだ…)まだまだ飲んでいる人が沢山居た。

 

 

DSC04306DSC03371

 

 

エースホテルのLobby Bar も売れて売れて売れまくっています。エースホテルが色んな地域に広がっているのも頷ける。ビジネスはこんなに膨らむのかと…毎日唖然としていた。

ほとんど全てを受け入れる寛容さと柔軟さというべきか…どこのお店も特徴を出し合い、全てがビジネスの掛け算となっている。しかも楽しみながら、遊びながら。

 

 

DSC03547DSC04295

 

 

そもそもホテルのロビーってこんなんだったっけ?

 

このロビーがあるからエースホテルはその土地のランドマーク的な存在になるのかもしれない。家の近くにこういう遊び場があれば僕はきっと毎週行く。そこで僕は外国人の爆発的に綺麗な女性と… もういいか。

これはとてもじゃないけど真似できそうにない。

 

安らぎを求めてホテルを使う人には少々賑やか過ぎるんだけど…

 

 

#24 ニューヨークへ。ACE HOTEL New York #4 Stumptown Coffee Roasters

こんにちは、THE PLACEの店長の山本遊です。

 

ACE HOTELといえば必然的にこのお店もセットですよね。

DSC03564DSC03319DSC03563

 

『Stumptown Coffee Roasters』。愛してます、はい…。エースホテル内の入口から入った時の綺麗な植物(僕が行った時は桜。)とエスプレッソマシン。ハイカウンターのテーブルのひんやりした冷たさ、店内のBGMのカッコ良さと大き過ぎるボリューム、ハイセンスなバリスタ、上手く使いこなせている人たち…挙げればキリが無い。

 

IMG_5165

 

『Stumptown Coffee Roasters(スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ)』はポートランド発のコーヒー専門店。ニューヨークには2店舗あります。サードウェーブの先駆けのお店です。

 

ポートランドのお店とニューヨークのお店に行ったのですが、この会社は凄いチームでお店をやってると想う、ロースターもバリスタもデザイナーも広報も全てが一流なはずだ。それだけお店の持つパワーが強い。ハイセンスなコーヒースタンドはもはやコーヒースタンドというよりは一種の美しいショーみたいだ。

 

連日長蛇の列なのも当然。

 

DSC03321DSC03569

 

ニューヨークでもポートランドでもエースホテルに泊まっている時、まず朝起きてタンブラーを持って1Fの『Stumptown Coffee Roasters』でコーヒーを淹れてもらう。熱いアメリカーノかミルクのたっぷり入ったラテのどちらかだ。この写真のタンブラーにパンパンに入れてもらうラテがこれまた抜群に美味しい。早い時間だから人もまだ少ない。

 

カウンターで少しコーヒーを飲み、横の人と軽く話して部屋に帰り出掛ける準備をする。この日はハーレムから自転車で来ていた男性と10分位話した。ハーレムから自転車で20分て…

 

 

DSC03568

DSC03566

 

こんな感じで店内まで自転車を持って入ってくる人も沢山居た。犬を連れて並んでいる人もいたし、色んな人が並び、ここのコーヒーを楽しんでいる。これぞコーヒースタンドの本来の形だ。

 

この朝の10分が好きだ、旅行しているのと生活しているのとが微妙に重なる一瞬の時間。

そして重なる媒介としてコーヒースタンドがある。

 

 

DSC03497DSC03496

 

アメリカの人達は街を歩いていても地下鉄でもどこでも片手にコーヒーを持っている。それだけ身近なモノなのだろう。

昼過ぎにエースホテルに帰って来てもう一回コーヒーを飲もうと想ったら長蛇の列。そしてコーヒー片手にニューヨークの街に繰り出して行く。

 

DSC03220DSC03826

 

 

特別なコーヒーで特別な体験なのだけど特別ではない。

エースホテルに泊まっていると『Stumptown Coffee Roasers』のコーヒーがもっと身近に感じられる。(朝起きて自宅でコーヒーを淹れるのとほとんど同じ時間で最高のコーヒーが飲めるのだ!!)

そしてこの美しいショーが毎日観れる。きっと全ての人に愛されているお店。

これもまたエースホテルに泊まる最高のオプションの一つ。

愛してます、はい。

 

エースホテル ニューヨーク(日本語ページ)

 

センスの良いピアノの音が最高なGleen Levisの『Number 1』は僕の大好きな曲の一つ。

 

#23 ニューヨークへ。sweetgreen NoMad

こんにちは。THE PLACE店長の山本遊です。引き続きニューヨークのお話。

今回は凄く印象に残ったお店。

 

 

ある日の午後14:00。エースホテルのロビーでコーヒーを飲みながらゆっくり座っていた。

毎日暴飲暴食が続き僕の身体はほとんどのものを受け付けない状態になっている。

しかも2日酔いで意識は朦朧としている。でも朝から何も食べずお腹も減ってきていた。

 

 

DSC03659

 

 

気になっていたお店が僕が泊まっているエースホテルから徒歩3分圏内にあった。

『sweetgreen NoMad』

何度かお店の前を通ったがいつ見ても長蛇の列。14:00ならランチも後半、並ばないでも買えるだろうと想いお店へ行く。

 

 

 

DSC04244

 

…想像を絶するほどの長蛇の列。

満席のテーブルを見ると全ての人がサラダを食べている。日本では今のところ見たことのない景色、ヘルシー志向のニューヨーカーに大人気のお店。

 

列の最後尾に並びしばらく待ち、チクチクした頭(お酒のせいだ…)を指で押さえながら店内の様子を眺める。

 

『sweetgreen』は雑穀サラダボウル専門店。ワシントンDCから始まり、ニューヨークに約10店舗ある。

 

DSC04246

 

長いカウンターには鮮やかな野菜が沢山並んでいる。近隣の契約農家や信頼しているファームから仕入れているみたいだ。

 

横並びにスタッフが並んでいて(10人くらいだろうか)一人一人のオーダーを聞きながらボウルに野菜や雑穀を放り込んでいる。この話を日本に帰ってきて友達にしたら『サブウェイ』みたいな感じ?って聞かれた、僕は『サブウェイ』に行った事が無いのでその質問に対しては適当に頷いた。

 

僕は自分のサラダを店員さんと話しながらカスタム出来るほど英語の能力は無い。

 

事前にHPでチェックしていたオリジナルのメニューでオーガニックのワイルドライスが入った『Wild Child』を注文する。名前もなんかいい。

 

 

DSC04251

DSC04248

DSC04253

DSC04249

 

目の前でアボカドを剥いてくれたり、新鮮な野菜や雑穀が手際良くボウルへ入っていく。ドレッシングも細かく聞いてくれて僕はあっさりしてそうな名前のものにした。

こういう光景は初めてなので斬新だ。

 

DSC04258

 

どの野菜も味が濃くて新鮮で固めの野菜は細かく刻まれている。食べたことの無い野菜も沢山入っており、量はとても多く、食べ応えのあるサラダだ。満足度が凄く高い。

 

 

このお店はオンラインで事前に予約注文出来るシステムが確率されており、上手く利用している人も沢山いた。店内も大混雑しているし、予約したサラダを取りに来ている人も一杯。

 

 

DSC04255

 

 

専門的でシンプルで新しくて美しい。人が求めているモノを先回りして足場を固めているからこんなに早く店舗も拡大している。

 

アメリカと言えばハンバーガーや分厚いステーキの印象があるし、確かにそうなんだけど、全てがそうではない。大都市ニューヨークでヘルシーな考え方を持った健康的な人達が集うお店がこんなに流行っている。

僕も飲食店で働いてコンセプトやお店のことを考える立場になったが、sweetgreenみたいなコンセプトはきっと永遠に想いつかない。日本でしても難しいと尻込みするだろう。勇気も無い。

 

でもきっとそこにブレイクスルーみたいなものが発生するのもいい加減分かっている。

ニューヨークで出会ったお店はそういう意味では突き抜ければ突き抜けるほど流行っている。

 

 

僕は支払いを済ませ、サラダを片手にエースホテルまで帰る。

お店を出た時には朦朧としていた僕の頭もシャキっとしていた。

 

1ヶ月前にリリースされたLAのPretty Sisterの『Drive』。最高です。