#19 ニューヨークへ。ACE HOTEL New York #2 部屋徹底解剖。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest

こんにちは。THE PLACE店長の山本遊です。

そのまま引き続きニューヨーク。

 

DSC03376

DSC03316

DSC03350

今回は『エースホテル ニューヨーク 部屋編』。これは村上春樹様の『ねじまき鳥クロニクル〜泥棒かささぎ編』的な感じです、はい。

初ニューヨークなので、行きたい所も沢山あり、ほとんど外にいるだろうと想い、『Mini』の部屋にしました。御世話になった部屋はこの部屋。

 

DSC03314

DSC03577

DSC03353

624号室。この真っ白いカードが部屋の鍵になります。(そしてエレベーターで部屋の階を押す時もこのカードキーが無いと押せないようになってます。上のボケ気味の写真 All You Need Is Love!!の貼り紙が神センス。)

 

テーブルの上には『SANGEAN』のラジオ。これはイヤホンジャックが付いていてMacやi-podに繋げばそのままスピーカーにもなるというACE HOTELらしいイケテルラジオです。チェックイン時、部屋に入ったらラジオが流れっぱなしになっています。(ポートランドの時の写真を拝借。)

 

DSC01935

 

DSC03578DSC03571

 

後はオリジナルのメモ帳と鉛筆、相変わらずよく分からない洋本が何冊かとホテルの説明書である『ACE HOTEL SURVIVAL GUIDE』がテーブルにはあります。

 

DSC03370

DSC03579

DSC03581

ミニバーですね、お菓子やカップラーメン、この黒いボックスは冷蔵庫で、中にはシャンパーニュやらビールやらでパンパンです。

 

 

DSC03310

 

DSC03349

 

DSC03574

DSC03572

IMG_5166  DSC01765

DSC03380

 

部屋の黒い扉を開けたらバスルームになっております。

エースホテルに併設されている床屋の『Rudy`s Barbershop』のオリジナルのシャンプーとコンディショナー、ボディウォッシュがあり、良い香り。

 

DSC03348

 

たまたまエースホテルのホームページを見たらプロモーション中で、『Mini』の部屋は1泊$223($1=¥115で¥25645)でした。運良ければエンパイアステートビルが窓から見える部屋もあるみたいです。

ベッドの前のテレビからモーニングコールも頼めます。

DSC04322

 

ホテルでゆっくり過ごすならもう少し大きい部屋が良いと想いますが、やっぱり沢山歩きたい僕には最高の部屋でした。アパートみたいな感じで過ごす事(帰ること)が出来る。スタッフも『Welcome Back!!(おかえり)』なんて事も言ってくれたりして。

ACE HOTEL NEW YORK(日本語ページ)